ウェディングプランナーって素敵な仕事だよね

若い女性の方の中でネイリストと並んで人気の高い仕事であるウェディングプランナー。その理由としては「他のヒトの幸せな姿を観たい!応援できる!」という部分が大きいです。そんなヒトの幸せを願っているアナタを応援するサイトです。がんばって資格を取ろう!

ウェディングプランナーとは?

ウエディングプランナーとは、結婚の決まったカップルを、実際に挙式・披露宴・パーティーが行われ、終わるまで導く役割を担っています。そのため、ウエディングプランナーは結婚式・披露宴・パーティーなどで活躍する人気の職業となっています。

しかし、挙式・披露宴・パーティーを実際に取り仕切って、カップルに喜びの笑顔を見せてもらうには、たくさんの仕事があります。カウンセリング、式場案内からはじまり、式場の手配、花の手配、ドレスの手配などさまざまな細かい準備を行い、結婚式、披露宴、パーティーを見届けます。ウエディングプランナーになるには特別な資格は必要ありませんが、専門の知識が必要となってきます。

ウエディングプランナーという花形職業に就くためには、スキルが重視されるため、ウエディングプランナーになるための学習をしておく必要があるでしょう。あこがれの職業であるウエディングプランナーになるには、競争が激しくなっているのが現状です。そのため、スクールも多数開講されています。

ウエディングプランナーの講座には、通学制のところと通信制のところがあります。自分に合った学習プランに基づいて、ウエディングプランナーになるための勉強をしましょう。

晴れてウエディングプランナーになれた暁には、お客様の笑顔が待っています。それを喜びと感じたいのならば、ウエディングプランナーになりたいという気持ちを大切にし、自分に合ったスクールに通うのが良いかと思います。

ウェディングプランナーとして紹介予定派遣制度も活用

ウェディングプランナーとして最初から理想の仕事が見つかるほど都合良くはありません。幸せな夫婦の門出を見ることが出来るこのお仕事の人気はすごいですからね。

そこでまずは正社員としてのカタチにこだわらずに派遣スタッフとしてのお仕事を探すことをオススメします。派遣というカタチに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、そこで現場の上司の方に気に入って頂ければ正社員としての雇用もありえますし、大手派遣会社であれば紹介予定派遣制度を上手く使うことでウェディングプランナーとして働くことも可能です。

紹介予定派遣を行っているおすすめの派遣会社はそれ以外にも福利厚生やスキルアップ制度なお他の部分もきちんと調べましょうね。

みんなのウェディング体験記

海外ウェディング

"結婚式の準備を早く終わらせるアドバイスは「期限を切る」こと。 私の場合、2月にウェディング会社に行って、式場の空きをチェック。一番早い空き日だった5月末に予約して、それに向けて猛ダッシュ。もちろんウェディングドレスもオーダーメイド。 あとは、海外挙式を取り扱っているウェディング会社が都市部にしかなかったから、片道2時間かかるってことも案外早く決める要因だったかも。今思えば、こんな遠くまで毎週通ってられるか!一度にいっぱい決めて帰ろう!的な気持ちが働いていたような気もする。 花嫁側からすると、ゆっくりじっくり決めたいように思いますが、実は選択肢を増やして迷うだけのような気がします。 特に迷いやすい人は、直観で決めてしまうが吉。他の選択肢をあえて見ないようにすることで、比較対象をなくして「これがベストだ」と満足感を得る、というのも1つの手ではないでしょうか。より豪華に、より安く、よりいいものを、と手を広げすぎて嫌になるより、ある程度納得したらもう他は見ない。 自分がベストだと思えれば、やっぱりそれが「一番いい結婚式」なんだと思います。"

新郎の協力によりけりですよね

"結婚準備、空想の中では楽しくて仕方がないのかと思っていましたが現実は散々。 結局、そんなことが楽しいのは女性だけで男性は渋々なのかもしれません。 私たちは結婚式場を決めるところから、しっくりきませんでした。 私は、ブライダルフェアもたくさん見て納得して決めたかったのですが、主人は「見てよかったらそこでいいじゃん」ぐらいの感じです。 結局、3件ぐらいだったでしょうか。ブライダルフェアでランチなどということは程遠く、一度も経験できませんでした。 でも、考えようによってはこだわりがない分、私のやりたいようにできたのかもしれません。 途中からは割り切って、私主導ですべて決めていきました。こだわりのない主人は、すべてオッケーです。 ドレスは友達と見に行き、オーダーしました。めんどくさいことにつき合わされず主人もご機嫌。出来上がったドレスは絶賛でした。 食べ物についても「メインが牛肉ならあとは何でもいい」でしたし、「引き出物なんて、どれでもいいよ」「招待状やメニュー表なんてわからない」等々。要するにめんどくさいからやりたくないのです。 当時家事手伝いだった私は、時間だけは有り余っていました。 一人で、東急ハンズや鳩居堂に行き、紙関係を選び、パソコンで作成。 知り合いに頼んでウエルカムボードをオーダー。 お花屋さんの友人にブーケを相談して・・・。 女の子は、結婚準備が大好きなのです。みんな大喜びで手伝ってくれました。アイデアもたくさん出てきます。 なにも手伝わなくても、準備がどんどん進んで行って、主人も大喜び。 結婚してからも同じですが、役割分担だと思って得意な人がやりたいことをやるのが一番いいのだと思います。 そして、協力しないなら文句を言わないこと!これが気持ちよく物事を進める秘訣です。"

眠れないLAST3days

"私たちは授かり婚だったので、私の体調やお腹の大きさを考ると、挙式を挙げるまでの時間に余裕が全然有りませんした。でも、家族や友人へ今までの感謝の気持ちを表したくて、ウエディングプランナーの方にお願いするのでは無く、どうしても『手作り』をテーマに自分たちで作り上げたかったのです。 式を挙げさせてくれる神社。パーティを手伝ってくれるレストラン。カメラマン。衣装。招待状。席辞表。プレゼント。全てのものを私たち二人の足で用意し、全て手作りしました。 自分たちが主役になるパーティは望んでない、来てくれた皆が主役になって楽しんで帰ってもらえる事が私たちの希望だったので、パーティの中でやりたい事がどんどん頭に浮かんでしまう。でも、時間は無い。 結婚が決まったばかりの頃は丁寧に考えて進めて行ってたのも、終盤には『やるしかない』の精神で頑張り続けました。 挙式前の3日間は寝る間も惜しまず準備しました。その結果、やりたいと思った事は全て出来、皆にすごく喜んでもらえました。 ウエディンプランナーさんを通していたら、もっと自分たちに余裕が出来たかもとも思いますが、来てくれる皆への感謝の気持ちがあればやりきれるんだなって思いました。感謝、大事ですね。"

 
Copyright © 2010 ウェディングプランナーの資格がほしい!通信講座と専門学校ガイド. All rights reserved