着々とすすんだ衣装合わせ

私は、117グループの最近できたミルアンジュという貸切の式場で結婚式をあげました。
正式に契約をして、いろいろな段取りのスケジュール表をもらって見ると、始めの打ち合わせが式から半年前に行う衣装合わせでした。次回は衣装合わせになるので、バトラーからその衣装担当の方を紹介されました。
その紹介された時に、数冊の衣装カタログを見ることになり、その時点でいくつか候補を選びました。
そのため、衣装合わせをする当日1回で希望のドレスがあり、試着も全て行い、衣装の決定までができました。
私はお色直しはしない予定だったので、白のドレス1つを選びました。あまりモダンな凝ったデザインは嫌だったことと、二の腕の日焼けの切り替わりが目立つのが嫌だったので、袖のあるタイプで絞って選びました。
なお、結婚式の演出でこだわったのは、2人の好きな椎名林檎の曲を入れたり、妹がピアノ演奏できる木村カエラのバタフライを選曲したりと、自由に組み立てられたのが良かったです。

関連記事

お坊さん派遣で費用が安い法要で読経ができます

 
Copyright © 2010-2012 ウェディングプランナーの資格がほしい!通信講座と専門学校ガイド. All rights reserved