派手婚は廃れず

"結婚式や披露宴を昔ながらの感覚で盛大にする人と、手近な会場でカジュアルに挙げたり、親族や親しい友人だけを集めてささやかにする人とに分かれてきた感がありますね。もちろんそれぞれ特別な気持ちから行っていることなので、挙式の仕方に貴賎は全くないと思います。
私的には全般にジミ婚で十分だなあと考えるのですが、ただ当事者の経済事情や出席者の懐事情を考えてそうなってしまうとしたら、ちょっと寂しいことですよね。かといって、ご祝儀婚(?)というのも少々筋道が違うような気がしますし。
あくまで自分達の門出を出席者に祝ってもらえるよう、招待する側が持て成す席なので、そこは気持ちよく行いたいものです。
結婚式そのものを挙げない選択をする人もいますが、やはり個人的にはどんなに小さくても一生の記念になることは大事にしたいと思います。
とはいえ、盛大な挙式というのは今日でもやはり目を見張るものがあり、何だかんだいってもおめでたくていいものですよね。その日にかける新郎新婦が多いのもわかる気がします。"

関連記事

 
Copyright © 2010-2012 ウェディングプランナーの資格がほしい!通信講座と専門学校ガイド. All rights reserved