講座と教育訓練給付金

ウエディングプランナーを目指してスクールに通うとなると、かなりの金額がかかります。もしもあなたの受講するウエディングプランナー講座が教育訓練給付金制度の指定講座だった場合、ぜひ利用しましょう。

教育訓練給付金制度とは、厚生労働大臣の指定した資格スクールの講座を受講すると、受講料の2割が講座終了後に給付されるという制度で、上限は10万円となっています。雇用の安定と再就職の促進を目的に1998年より施行されました。もし、ウエディングプランナー講座が指定対象だった場合でも、すべての人がこの給付金制度を受けることはできません。

受給資格があるのは、1.転職、休職の経験がなく勤続年数が3年以上の者。2.転職・休職の経験があり、退職から再就職までの期間が1年でなおかつその前後の勤続年数の合計が3年以上の者。また、退職から再就職までの期間が1年以上になった場合、その後の勤続年数が合計で3年以上の者。3.受講開始日現在で無職で、退職後一年以内で退職前の職歴が1.2.のいずれかに該当する者。となっています。

教育訓練給付金は、申請するのも支給されるのも講座修了後となります。申請の際に領収書が必要になるので保管しておきましょう。また、スクールの場合80%以上の出席、通信講座の場合総添削回数の80%の添削を受けていなければなりません。

講座を修了したら、教育訓練修了証明書などの書類を添え、ハローワークに申請します。申請期限は講座修了の1ヶ月後までなので注意しましょう。その後審査を経て、給付金が支給されます。

教育訓練給付金の対象講座でなくても、そのスクールに給付金制度がある場合がありますので、受講をお考えの方は確認しておきましょう。

関連記事

 
Copyright © 2010-2012 ウェディングプランナーの資格がほしい!通信講座と専門学校ガイド. All rights reserved