映画「ウエディングプランナー」

ウエディングプランナーを題材とした映画やドラマがあります。ここでは、2001年6月に公開された映画「ウエディングプランナー」についてご紹介しましょう。

映画「ウエディングプランナー」の監督は、アダム・シャンクマン。主演はジェニファー・ロペスです。
ストーリーは、結婚式をプロデュースするはずのウエディングプランナー、メアリーが、なんとクライアントの花婿に恋してしまうラブストーリーです。

メアリーは一流のウエディングプランナーとして活躍し、仕事に明け暮れている女性。そんなメアリーに大会社の社長令嬢フランの結婚式という大仕事が舞い込んできます。

大きなチャンスに張り切るメアリー。そんなある日、街で偶然知り合った小児科医のスティーブに恋してしまいます。しかしスティーブは、なんと自分が請け負ったフランの結婚式の花婿だったのです。
ウエディングプランナーとしての自分と、女性である自分の狭間で悩むメアリーは…

ウエディングプランナーという現代的な職業と、恋してはいけない相手に恋をするという古典的で普遍的なテーマが融合し、全米でNo.1ヒットとなりました。

ジェニファー・ロペスは、この映画の役作りにあたって、ロサンジェルスで活躍しているウエディングプランナー、アリサ・ソベルにならい、仕事ぶり、身のこなし、話し方、私生活を徹底的に調査したということです。
そんな役作りが、他人の幸せを心から願う優しさと、パーフェクトな演出を目指す責任感、そして芯の強さをもったウエディングプランナーでもあり、一方では一人の恋する女性としてキュートさと悩み傷つく心を持つ主人公の姿は、若い世代から共感される等身大の姿でした。

この映画を見て、ウエディングプランナーへの憧れをさらに深めてみてはいかがでしょうか…

最近話題のサイト

冬が近づくと北海道 かに通販が食べたくなります
年末年始はおせち料理が最大の楽しみ!
バレンタインのお返しにホワイトデーがあるんだよ

関連記事

 
Copyright © 2010-2012 ウェディングプランナーの資格がほしい!通信講座と専門学校ガイド. All rights reserved