どんな仕事なの?

ウエディングプランナーとは、新郎新婦とともに、結婚式や披露宴をいかにするか、企画し実行する職業です。いわばブライダルに関するアドバイザー的な役割を担っています。ブライダルに関する相談相手として、信頼される存在でなければなりません。

ウエディングプランナーは、結婚が決まったカップルがどういった結婚式や披露宴を望んでいるのか汲み取るところから仕事が始まります。結婚式などに対する知識が不足しているカップルがほとんどでしょうから、挙式や披露宴についての説明をし、希望を聞いて、出来ることをすり合わせていきます。

結納や両家顔合わせにもアドバイスします。カップルよりも両親からの相談を受けることが多くなるので、両家の調整役も行います。だいたいのことが決まれば、実際に動いてもらう外部スタッフの調整や、新郎新婦への細かい打ち合わせを行っていきます。

内容が決まれば、手配・発注を行います。また、パーティ進行の打ち合わせや具体的なタイムスケジュールを組み立てていきます。何か変更点があれば、その手配も行います。

最終打ち合わせが終われば、総チェックを行い、もれはないか、間違いはないかをもう一度確認します。
あとは当日を迎えるのを待つばかり。初めて来られたときから最後まで、お祝いと感謝の気持ちを込めて仕事を行います。ウエディングプランナーは、晴れの日を迎えるまで大変ですが、カップルの喜びの笑顔をみるときが一番幸せを感じるといいます。

ウエディングプランナーは、喜びの日をともに迎えることの出来るステキな仕事なのです。

関連記事


 
Copyright © 2010-2012 ウェディングプランナーの資格がほしい!通信講座と専門学校ガイド. All rights reserved