雇用形態について

ウエディングプランナーはどういった形で雇用されているのか気になっている人もいると思います。
ウエディングプランナーは、ホテルをはじめ、レストラン、教会、結婚式場、ウエディングプロデュース会社などに所属することが多いです。

雇用形態としては、正社員・契約社員・インセンティブ契約・アルバイト・パート、そのほか人材派遣などもあります。給与形態もまちまちで、固定給制、歩合制、基本給プラス歩合制、年俸制、時給などがあります。正社員で雇用された場合、固定給制のところがほとんどだと思います。

ウエディングプランナーは求人もさまざまです。新卒採用、新規採用、中途採用があげられるでしょう。ポイントとしてはスキルをみるところが多いので、スクールに通った方などは、履歴書等でアピールしてみるのもよいでしょう。未経験者でも採用はあります。そこでもやはり、履歴書で志望理由、採用されたら何ができるのか等をアピールしておきましょう。面接にこぎつければ、ウエディングプランナーになるためにどのような努力をしたのか、ウエディングプランナーという仕事をどう考えているのか答えられるようにしておくとベストです。

ウエディングプランナーは、上記のように、ホテル、レストラン、教会、結婚式専門の式場、ウエディングプロデュース会社などが活躍の場になりますが、他にもブライダルアテンダー、チャペルアシスタント、ドレスショップ、演出会社など多くの活躍の場をもっています。

関連記事

 
Copyright © 2010-2012 ウェディングプランナーの資格がほしい!通信講座と専門学校ガイド. All rights reserved