ウエディングプランナーの一日

結婚式での名脇役がウエディングプランナーです。ウエディングプランナーは、結婚式当日、どのように過ごすのでしょうか。一日を追ってみましょう。

まず、もちろんのことながら、新郎新婦が到着する前に式場に到着します。結婚式では、普通新婦のほうが先に来場してきます。その付き添いの方にも挨拶をします。

続いて新郎が入ってきます。新郎を出迎え、新郎の控え室に案内します。新婦はこのときは新婦の控え室に待機しています。

新郎新婦がそろったら、新郎新婦それぞれに式の説明をします。ここで最終確認を行っておきます。
新郎新婦の家族も入ってきたら、対面室にて新郎新婦とその家族紹介を行い、式場に案内します。
そしてついに、結婚式が始まります。このときウエディングプランナーは、式の一部を見学したり、披露宴のチェックなどを行います。また、写真撮影の手伝いをしたりします。

披露宴が始まったら、ウエディングプランナーは各所をチェックしながら補助を行います。司会を務めることもあります。
入場し、披露宴が始まります。お色直しの入退場の補助も行います。写真撮影、キャンドルサービスなども取り仕切ります。
披露宴が終わり、新郎新婦が帰るところを見届けたら、その日一日のウエディングプランナーの仕事は終了します。

このように、ウエディングプランナーの一日は長く、忙しいですが、終わってからの感謝の言葉が、また次の式への活力となります。人を喜ばせたい、と思っているウエディングプランナーなら、満足感でいっぱいになるはずです。

関連記事

 
Copyright © 2010-2012 ウェディングプランナーの資格がほしい!通信講座と専門学校ガイド. All rights reserved